今回福井西武にて、ファッションショーを開催するにあたり、

包丁以外にもいろいろなもの作りにチャレンジしていることもあり、

皆様に知ってもらうチャンスというわけで、出店させてもらいました。

今回使用している鋼材はダマスカスというステンレスとニッケルを交互に重ね鍛えたもので、

日本刀のような刃紋を表現したものを使っての作品です。

ダマスカスの刃紋

ダマスカスの刃紋

バックル、マネークリップ、かんざし、ネックレス、ペーパーナイフ、フォーク、スプーン等と

今までにない商品にチャレンジしました。

岩井刃物のダマスカスを使った作品

岩井刃物のダマスカスを使った作品

 

作り方は越前打刃物の包丁とまったく同じ手順で作っております。

磨き上げも包丁と同じ手順で加工して仕上げたました。

新たな試みとしてネクタイピンを製作致しました。

ダマスカス材を磨き、酸で模様を立体的にして仕上げたネクタイピンです。

福井西武にてデビュー致しますので、お近くへお越しの際には是非のぞいてみてください。

ダマスカス材で作ったネクタイピン

ダマスカス材で作ったネクタイピンです。

ダマスカス材で作ったネクタイピン

ダマスカス材で作ったネクタイピンの裏面

毎度お世話になっております

今回は刃物以外に製作しているモノをご紹介いたします

 

材料はニッケルダマスカス鋼

本来は包丁を作るための鋼材です。

ニッケルダマスカス鋼

ニッケルダマスカス鋼

これを火造りにて薄い板状の物を作成し、打出ていきます。

 

焼鈍(しょうどん)してから常温で叩いてムラをなくしていきます。

この板に型紙を合わせてケガキ、線に沿って切り出し成型。

蝶をみたてた2枚の羽

蝶をみたてた2枚の羽

今回は蝶を作るので二枚の羽を作り、さらにバレッタに固定用の穴を開け胴体に見立てた

アセテートを加工。

バレッタにあわせる

バレッタにあわせる

各パーツが揃ったところで羽を焼き入れします。

何故焼き入れをするのか?ですが、焼き入れを施したほうが模様が綺麗に浮き上がるからです

 

焼き入れが終わったら研ぎ出しです。

砥石やバフを使い磨き上げピカピカにします。

その後特殊な酸に漬け模様を立体的にしていきます。

酸処理の次はまたまた磨き上げピカピカにしてあげます。

焼入れをして模様が浮き上がってきました。

焼入れをして模様が浮き上がってきました。

 

最後は各パーツを組み立てて髪飾りの完成になります。

バレッタに固定して出来上がり

バレッタに固定して出来上がり

 

制作方法をかいつまんで書いてみましたが、私メの作製するアクセサリーは基本的には包丁と同じです。

蝶以外にも猫や犬等も作ってますが、手順は包丁と同じです。

 

 

今回の蝶は111日に福井西武で行われるファッションショーで使われる・・・

であろう髪飾りなのですが、

他にも制作中の物もあります。

そちらはまたご案内していきます。

今後包丁・刃物以外のものにも挑戦していきますので、チェックしてくださいね!