福井が誇る7つの伝統工芸を使用したファッションショーを開催!

新しいカタチのファッショナブルな工芸作品がお目見え


 

11月1日(土)福井西武店 本館2回公開広場にて

【第一部】13:00〜

【第二部】15:00〜

福井が誇る若手伝統工芸士たち

福井が誇る若手伝統工芸士たち

世界的鞄デザイナー由利佳一郎氏がプロデュースし、福井が誇る若手伝統工芸士『七人の侍』とコラボした、初めて見る世界観を堪能できるショーとなっております。

※また今回のショーは仁愛女子短期大学の方にもお手伝い頂いて開催致します。

鞄デザイナーの由利圭一郎氏

ショーをプロデュースされるのは鞄デザイナーの由利圭一郎氏

詳しくは『七人の侍』が月刊ウララに紹介されましたのでご覧下さい。

 

ショーに使うアクセサリーや商品の展示は10月29日〜11月3日で、

福井西武 本館一階のエントランスに置かれますのでどうぞお越しくださいませ。

新たな試みとしてネクタイピンを製作致しました。

ダマスカス材を磨き、酸で模様を立体的にして仕上げたネクタイピンです。

福井西武にてデビュー致しますので、お近くへお越しの際には是非のぞいてみてください。

ダマスカス材で作ったネクタイピン

ダマスカス材で作ったネクタイピンです。

ダマスカス材で作ったネクタイピン

ダマスカス材で作ったネクタイピンの裏面

当店ではできるだけ安心して長く使って頂けたらと思い、当店でお求め頂いた

刃物に関しましては研ぎ直しサービス

を行っております。

(そちらのサービスには期間を定めていませんので、当店がある限りお手入れさせて頂きます。)

こちらの方は当店でお買い求め頂いた商品に限り、

返送代金のみで行っておりますので、ぜひお気軽に送ってくださいね。

(価格については詳しくは 研ぎ直しについて をご覧下さい)

※当店以外でお求めになった商品につきましても研ぎ直しは行いますが、

刃物の種類、サイズによって価格等は異なりますので、メール又は電話にてご相談ください。)

もちろん包丁以外の鉈、鎌、ナイフ、鋏等の研ぎ直しも行っていますので、お気軽にご連絡下さい。

 

また、長く使う為にも、サビついた場合以外にも、刃欠けなども補修できますので、ひどくなる前に

一度ご相談ください。

◆実際の包丁の研ぎ直しです。

研ぎ直し前の包丁です。

研ぎ直し前の包丁です。

研ぎ直した後の画像です。

研ぎ直した後の画像です。

上記はサビに加え、刃欠けもしていましたが、研ぎ直しを行い、

サビはもちろん、刃欠けもなくなりました!

又、(別途かかりますが)研ぎ直し以外にも、柄の取り替え等も致しますので、

安心してお使いいただけるかと思います。

毎度お世話になっております

今回は刃物以外に製作しているモノをご紹介いたします

 

材料はニッケルダマスカス鋼

本来は包丁を作るための鋼材です。

ニッケルダマスカス鋼

ニッケルダマスカス鋼

これを火造りにて薄い板状の物を作成し、打出ていきます。

 

焼鈍(しょうどん)してから常温で叩いてムラをなくしていきます。

この板に型紙を合わせてケガキ、線に沿って切り出し成型。

蝶をみたてた2枚の羽

蝶をみたてた2枚の羽

今回は蝶を作るので二枚の羽を作り、さらにバレッタに固定用の穴を開け胴体に見立てた

アセテートを加工。

バレッタにあわせる

バレッタにあわせる

各パーツが揃ったところで羽を焼き入れします。

何故焼き入れをするのか?ですが、焼き入れを施したほうが模様が綺麗に浮き上がるからです

 

焼き入れが終わったら研ぎ出しです。

砥石やバフを使い磨き上げピカピカにします。

その後特殊な酸に漬け模様を立体的にしていきます。

酸処理の次はまたまた磨き上げピカピカにしてあげます。

焼入れをして模様が浮き上がってきました。

焼入れをして模様が浮き上がってきました。

 

最後は各パーツを組み立てて髪飾りの完成になります。

バレッタに固定して出来上がり

バレッタに固定して出来上がり

 

制作方法をかいつまんで書いてみましたが、私メの作製するアクセサリーは基本的には包丁と同じです。

蝶以外にも猫や犬等も作ってますが、手順は包丁と同じです。

 

 

今回の蝶は111日に福井西武で行われるファッションショーで使われる・・・

であろう髪飾りなのですが、

他にも制作中の物もあります。

そちらはまたご案内していきます。

今後包丁・刃物以外のものにも挑戦していきますので、チェックしてくださいね!

 

今回は

魚のあらおろし、ブツ切りや三枚おろしに適した、出刃包丁についてです。


 

出刃包丁は魚を捌くための包丁で、魚のブツ切り三枚卸し等に使う事を基本とした魚用料理包丁です。

現在では肉を切るのにも使われている包丁です。

魚を頭ごと落とすことが出来るので、大変丈夫でかつ、他の包丁にくらべ重たいのが特徴です。

※但し、出刃包丁は太い骨を切ることを目的として作られたものではないので、

鳥の小骨ぐらいの太さぐらいまでにした方がいいです。

 

問い合わせにも多いですが、鮭などを切られる場合ですが、

生鮭ですと、身卸包丁や舟行でも代用できますが、塩鮭ですとやはり出刃包丁をお求めになった方がよろしいかと思います。

刃渡りも180mmぐらいの大きめをオススメ致します。

黒打身卸包丁 180mm  (税別)13,000円

風紋身卸包丁 180mm  (税別)21,000円

◆黒打舟行包丁 170mm  (税別)17,000円

◆風紋舟行包丁 170mm  (税別)27,800円

ただ女性には重たく、特に出刃包丁は大変重たいので、他にも使うといわれる場合は少し小さめの165mmもおすすめしております。

◆黒打出刃包丁 165mm   (税別)17,000円

◆風紋出刃包丁 165mm   (税別)27,000円

◆黒打出刃包丁 180mm   (税別)20,000円

◆風紋出刃包丁 180mm   (税別)36,000円

※身卸や舟行は出刃に比べ少し軽いので、大きめの刃渡りでもいいかもしれません。

また、出刃包丁にもいろいろありますので、詳しくは出刃包丁についてをご覧下さい。

岩井刃物の包丁についてのこだわり


岩井刃物の刃物についてのこだわりについて少しお話ししたいと思います。

岩井刃物の打刃物は伝統工芸士が本鍛造・手打ちにて1本1本丹念に製作しています。

当社の鋼の包丁は下記の写真の通り、一貫生産と違い、手元の厚みが先端より太くしてあり、

包丁の重心が手元にあるので、バランスがよく、使い易いように製作しています。

また【風紋】は鉄とハガネを幾重にも重ねて鍛造することにより、

相互作用により強度・耐靭性に優れ、長期に渡って使用しても刃部の歪み(ひずみ)が

でにくく、刃こぼれもし難くなっています。

又、耐久力だけでなく見た目にも美しく、一本一本の違う紋様、同じ物は二点と出来ない面も特徴です。

 

当社では1本づつ製作していますので、お客様のご用途やご希望のサイズ、鋼材に合わせて細かく製作しますので、

お客様にぴったりのこだわりの1本をお作り致します。

※但し、手打ちで作り上げますのでお時間は頂きますので、ご了承ください。

 

その他ご購入頂いたお客様が安心してお使いいただけるように、アフターサービスに期限を付けていません。

なので、切れが悪くなったり、サビが入ってしまったら、放っておかずにお気軽に

岩井の研ぎ直しサービスをご利用ください。

 

岩井刃物の両刃の手元

岩井刃物の特徴 両刃の手元画像