包丁 の 作業工程 をアップしました!

両刃の包丁の製作の様子を動画でアップしました。

1本1本包丁が少しずつ出来上がってきますので、大量生産はできませんが、

職人が1本1本丹念につくりあげていますので、ぜひ見てください。

※大量生産はできませんが、逆にお客様のニーズに合わせた刃物を作ることができますので、

値段は多少割高ですが、気に入った刃物が作れるかと思います。

ぜひご参考までに!

包丁 ・ 刃物 の 研ぎ直し について

研ぎ直し について

当店ではできるだけ安心して尚且つ長く使って頂けたらと思い、当店でお求め頂いた

包丁 ・ 刃物 に関しましては 研ぎ直しサービス

を行っております。

(そちらのサービスには期間を定めていませんので、当店がある限りお手入れさせて頂きます。)

こちらの方は当店でお買い求め頂いた商品に限り、

返送代金のみで行っておりますので、ぜひお気軽に送ってくださいね。

(研ぎ直しについて詳しくは 鍛冶工房いわいの研ぎ直し をご覧下さい)

※また当店以外でお求めになった包丁・刃物につきましても(一部商品を除き)研ぎ直しは行いますが、

刃物の種類、サイズによって価格等は異なりますので、メール又は電話にてご相談ください。)

もちろん包丁以外の鉈、鎌、ナイフ、鋏等の研ぎ直しも行っていますので、お気軽にご連絡下さい。

 

また、長く使う為にも、サビついた場合以外にも、刃欠けなども補修できますので、ひどくなる前に

一度ご相談ください。

◆実際の包丁の研ぎ直しです。

研ぎ直し 前の包丁
研ぎ直し 前の包丁
刃欠け した 包丁
刃欠け した 包丁
研ぎ直し 修理後の包丁
研ぎ直し 修理後の包丁

上記はサビに加え、刃欠けもしていましたが、研ぎ直し を行い、

サビはもちろん、刃欠け もなくなりました!

又、研ぎ直し 以外にも、(別途かかりますが)柄の取り替え 等も致しますので、

安心してお使いいただけるかと思います。

 

※刃の根元までサビている場合には補修できない場合がありますので、ひどくなる前に研ぎ直しサービスをご利用くださいませ。

鍛冶工房いわい の 包丁 についてのこだわり

鍛冶工房いわい ( 岩井刃物 )が作り上げるこだわりの 包丁 について


鍛冶工房いわい(岩井刃物)の包丁・刃物についてのこだわりについて少しお話ししたいと思います。

鍛冶工房いわい(岩井刃物)の打刃物は
700年の歴史を誇る越前打刃物。
その匠の技を引き継ぐ「鍛冶工房いわい」が作りあげる当店の伝統工芸士が昔ながらの工法にて本鍛造・手打ちにて、職人が丹精込めて作り上げる、丈夫で使い勝手の良い包丁は、一般家庭からプロの料理人まで、本物を知る人々に愛用されているのです。

当社の鋼の包丁の特徴として、下記の写真の通り、一貫生産と違い、手元の厚みが先端より太くしてあり、包丁の重心が手元にあるので、とてもバランスがよく、使い易いように製作しています。

また【風紋】は 適度な温度で熱しながら、 鉄とハガネを幾重にも重ねて鍛造することにより、相 互作用により強度・耐靭性に優れ、長期に渡って使用しても刃部の歪み(ひずみ)がでにくく、刃こぼれもし難くなって、切れ味鋭く強靱な風紋包丁は作り出されますが、「風紋」もこの過程を通して作り出されます。「風紋」は、鉄と鋼が強力に重なり合った証であり、言いかえれば、長い年月を使用してもへこたれない「耐久力」の証でもあります。

「風紋」は、鍛冶職人が10枚以上の鋼材を、熟練の技術で重ねることで生まれます。そのため、ひとつとして同じ「風紋」はありません。

当社では1本づつ製作していますので、お客様のご用途やご希望のサイズ、鋼材に合わせて細かく製作しますので、

お客様にぴったりのこだわりの1本をお作り致します。

※但し、手打ちで作り上げますのでお時間は頂きますので、ご了承ください。
>>当店風紋包丁はこちらから

またご購入頂いたお客様が安心してお使いいただけるように、アフターサービスに期限を付けていません。

期限がないので、いつでも切れが悪くなったり、サビが入ってしまったら、放っておかずにお気軽に岩井の研ぎ直しサービスをご利用ください。

岩井刃物の両刃の手元
岩井刃物の特徴 両刃の手元画像