【使用目的】で包丁を選ぶ その壱

こんにちは 岩井刃物です。

今回は使用用途別での包丁選びについて、参考にしていただきたいと思います。


 

まず最初にステンレスの包丁か鉄の包丁かを選んで頂きましたら次は

使用目的は?です!

どのように使いたいのか!によって選ぶ包丁も変わってきますので、まずなにに使用されるのかをご確認下さい。

 

まずはよく頂くご質問から、

1本で何でも切れる包丁を!!

マルチに使える包丁を!!

と、きかれる場合がございますが、

正直、万能包丁と言うのはありません。

っというのが職人の答えです!

しかしいろいろと兼用できる包丁はありますので、

初めての本格的な料理包丁入門ということでしたら、

やはり 三徳包丁 又は 牛刀 をおすすめしています。

(キッチンが小さい方などにはペティナイフもおすすめです。)

両方ともいろいろな多用途に使えますので、肉や魚の骨などをぶつ切りする以外でしたら、ご家庭用でしたら充分かと思います。

また舟行包丁でしたら肉、野菜はもちろん、片刃の包丁なので、(あまり大きな魚以外でしたら)魚料理にも大活躍できるので、

マルチに使える包丁といってもよろしいかとおもいます。

但し、大変便利な包丁ですが、残念ながらステンレスの包丁はありません。

(舟行はどちらかというと、当店では釣りなどをされる男性の方や魚をメインに調理されたい方の購入が多いです。)

★また風紋牛刀は片刃仕様(210mmからは完全片刃です。)ですので、魚を捌くのにも使えて万能包丁に近いかと思います。

(同じく

風紋ペティナイフ
風紋ペティナイフ

ペティナイフも片刃使用ですので、小魚を調理するのにも便利な1本です。)

 

またこちらもよく頂くご質問で

どの包丁がよく切れますか?

と聞かれますが、全てよく切れます!!

もちろん切れの持ちや強度耐靱性などが包丁によって変わってきますが、

すべて通常お手入れで切れが悪くなってきましたら、砥石で研いで頂かないと、切れなくなってきます!

なので、是非砥石も1本ご用意ください!

お手入れをしないと切れなくなります!(これはステンレスでも鉄の包丁でも同じです!)

包丁研ぎ方について参考にしてください。

岩井刃物

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)