ステンレス包丁から新シリーズ登場!!

鍛冶工房いわいから待望のステンレス包丁 多層鋼【層雲】シリーズが登場しました!

ステンレス多層鋼【層雲】は、高級感のある積層模様を施し、高級感を出し、かつ、切れ味よく、耐食性に優れた刃をもつ包丁シリーズを作り上げました!

今回はこのシリーズから、家庭用包丁として人気の 三徳包丁、牛刀、ペティナイフの3種が登場!
牛刀はご家庭にピッタリサイズの刃渡り180mmと少し大きめの210mmをご用意しました。

普段お使いのステンレス包丁をワンランクアップさせた、切れ味と見た目を持つ【層雲】シリーズ!
ぜひ使ってみてください♪

スーパーゴールドシリーズからペティナイフ登場!!

切れ味鋭く、錆びにくい包丁をという お客様の声に答えて、 人気のスーパーゴールドシリーズからペティナイフが登場しました!!

こちらの包丁は、切れ味優れた粉末ハイス鋼を使った、
錆びにくいのに切れ味も求める方におすすめ のペティナイフです。

今回は一般的なサイズの刃渡り130mmと少し大きめの145mmをご用意しました。

ぜひ今までのステンレスの包丁と比べてください。

切れ味、切れの持ちが違います!!

本鍛造みがき 三徳包丁【お客様の声】ぞくぞく・・・

 

本鍛造みがき三徳包丁

テツ様(50代 男性)5


本鍛造みがき三徳包丁
本鍛造みがき三徳包丁

包丁が届いてから随分たちましたが、ようやく娘が帰ってきたので結婚祝いとして渡しました。

早速箱から包丁を取り出した娘の感想は『すごくいい重さ!ぞくぞくする・・・』でした。

彼女にとっては手に馴染む重さとバランスが一番のお気に入りのようです。

切れ味ですが、プレゼント前にもかかわらず検品を理由にこっそりと新聞紙を切ってみました。

抜群の切れ味です。うぶ毛も剃れそうなほどです。

 

名入れもして頂き一生ものの包丁をプレゼントすることが出来ました。ありがとうございました。

 

【ショップより】

この度はお嬢様のご結婚おめでとうございます。

大切なお嬢様へのご結婚お祝いの品に当店の包丁をお選びいただき大変うれしく思います。
ありがとうございます。

大事に使っていたければ何十年もお使いいただけると思いますので、ぜひこれからの結婚生活のお供に末永く使っていただけたらと思います。

また切れ味が落ちてきたときや刃こぼれなどした時にはぜひ当店の研ぎ直しサービスをお使いいただき、長く使っていただけたらと思います。

ありがとうございました。

浮雲 牛刀型【お客様の声】 美しいです

浮雲 牛刀型

5

st様 (60代・女性)


何層にもなっている鋼の模様が美しく立派です。

切れ味も抜群で、主婦にはもったいないくらいです。

丁寧に使いたいと思っています。

【ショップより】

こちらの商品は販売が終了致しました。

新しく風紋ダマスカス層雲シリーズなど続々登場しています。

ぜひご覧くださいませ。

ステンレス包丁一覧

ステンレス多重層鋼三徳包丁【お客様の声】鳥肌立つほど切れます

ステンレス多重層鋼三徳包丁

5

切れてるね様 (50代・女性)

包丁が欲しかった訳ではなかったようですが、最初使ったときは切れすぎて鳥肌がたったと言ってました。
すぐに母の日のプレゼントも注文しました。

※こちらは2018年販売終了いたしました。

新たにステンレス多層鋼包丁 【層雲】シリーズが誕生いたしました。
以前の多層鋼包丁よりさらに切れ味をました包丁ですので、一度ぜひご覧ください。

ステンレス多層鋼層雲三徳包丁
ステンレス多層鋼層雲
ペティナイフ
ステンレス多層鋼層雲 牛刀
ステンレス多層鋼層雲 牛刀

 



ステンレス 多重層鋼 三徳包丁【お客様の声】プレゼント用です

ステンレス多重層鋼三徳包丁

中川様 (40代・男性)5


きれいな包装をしていただき感謝です。
以前に、自分用に3本の鋼の包丁を買いましたので
今回も不安なく注文させていただきました。

包丁選び 【鉄(鋼)の包丁とステンレスの包丁】 どちらを選ぶ??

 包丁選び 【鉄の包丁とステンレスの包丁】どちらを選ぶ??

包丁を選ばれる際によく頂く質問から、少しでも参考になればと思いますので、

分かりにくいこと、疑問・質問などございましたらお気軽にご連絡下さいませ。


まず最初に鉄(鋼)の包丁かステンレスの包丁か選ぶポイントとして!

【鉄(鋼)の包丁】の特徴として

切れ味がいい!!

研ぎやすい!

ただし、錆びやすいため、使ったら必ず洗ってすぐにしっかりと水気を取ってください。

(ほおっておくとサビます!料理の最中でも濡れたまま数分放っておくと錆びてしまいます。)

※長く使わない時はミシン油などを全体に塗って、新聞紙などにくるんで保管してください。

◎通常、上記のお手入れが難しい場合は、ステンレスの包丁をおすすめします。

※鉄の包丁でも慣れてしまえばそんなに手間はありません。

基本は使ったらすぐに洗って必ず水気を取るだけです。

※お手入れについては包丁のお手入れ方法を参考にしてください。

また贈り物の場合、普段鋼(鉄)の包丁を使われていない場合には、贈られる方にご確認をされた方がよろしいかと思います。

※最近では錆びる包丁がご家庭にない家も多く、錆びさせてしまう方もいらっしゃいますので、長く使っていただくためにも、ぜひ贈られる方にご確認頂けたらと思います。

※2016年秋より包丁のお手入れ方法を作らせていただきましたので、以前ご購入の方でご希望の方へ郵送いたしますので

包丁の研ぎ方説明書:希望 とご連絡ください。

 

【ステンレスの包丁】の場合、

錆にくい素材の為、お手入れは楽ですが、切れ味は鋼の包丁に比べ劣ります。

研ぎやすさもステンレスの包丁の方が研ぎにくいです。

しかしながらサビの心配があまりないので(絶対錆びないわけではありませんが)使って直ぐ水気を取る、

料理の最中に洗って水気を取る等の手間はないため、鋼に慣れていない場合にはステンレスをおすすめします。

 

★また、お手入れが少し心配な方には、ステンレスに鋼を割込している包丁ですと、

通常のステンレス包丁よりも切れ味は優れていて、表面はサビないので鋼だけよりお手入れが楽です。

(但し、洗ったら水気を取ってください。刃の部分はサビます。)

▽みがき包丁シリーズ

みがき三徳包丁
みがき三徳包丁
みがき牛刀
みがき牛刀
みがき菜切包丁
みがき菜切包丁

 

 

 

 

 

★またステンレスの包丁は研がなくてもいいと思われている方がいらっしゃいますが、

鋼(鉄)の包丁でも、ステンレスの包丁でも、切れが悪くなってきましたら、砥石で研いでください。

(繊細にできておりますので、シャープナーなどで研がれますと刃がボロボロになります。)

また研ぎやすいのは鋼の包丁の方が研ぎやすいです。

鍛冶工房いわい