片刃ズンブリ薄刃包丁【お客様の声】安価だけど良いと思います

片刃ズンブリ薄刃包丁

5

熊像様(40代 男性)


本鍛造黒打出刃包丁

片刃ズンブリ薄刃包丁

少し気になった包丁の種類だった為に最初の包丁として安価なこちらを出刃包丁などと一緒に購入しました。
まだ使い込んでいないので片刃の包丁に慣れなくて戸惑っていますが、柄の部分は一般的な包丁と同じですが、切れ味は良好だと思います。
両刃の三徳包丁に慣れていると切り方の違いに戸惑いますが、慣れて行けばそんなに重くはないので小柄な女性でも扱いやすいと思います。
刃の研ぎも頼みましたが、切れ味は自分の好みに少し研いだ方が良いと思います。
グレードを上げた方が満足度は高いと思いますが、お求めやすい価格なのでこちらも十分オススメだと思います。

刺身包丁 ( 柳刃包丁 )【使用目的】で包丁を選ぶ その七

刺身包丁 ( 柳刃包丁 )【使用目的】で包丁を選ぶ

今回は刺身包丁(柳刃包丁)についてご案内させて頂きます。


刺身包丁は生の魚介類を刺身などのために切り身などを薄く切るために使われる包丁です。

風紋刺身包丁
切れ味優れた高級刺身包丁

刺身を引く際に、切り口を美しく新鮮に保つためには一方向への引き切りであることが必要ですが、刃渡りが長いので一気に切ることができます。
それによって切り口を不要に傷めることがないので、魚の旨みを逃がすことなく美味しく食べることができます。
刃の厚みが薄く作られているのが刺身包丁の特徴です。
最近ではステンレスの刺身包丁もありますが、できれば切れ味優れた鋼の包丁を使われた方が、より切り口を傷めずにスパッと切れるため刺身の味を損ないません。

また実際三徳包丁や牛刀などで刺身を卸していた方が、刺身包丁で卸したところ、味が違う!!との声が大変届いております。

(出刃包丁などで刺身をすると切り口の繊維がつぶれ、味がおちてしまいますので、出刃包丁などの刃の厚い包丁でのお刺身に卸すのはおすすめしません。)

最近は刺身包丁を買われる方が増えてきているのですが、特に少しお求めやすい出刃包丁とセットで買われる方も大変多いです。

人気の刺身と出刃包丁のセット
刺身と出刃のセット

サイズは家庭用では200mmが人気ですが、女性には少し小ぶりの170mmも好まれる方も多くいます。
男性の方では200mm以外にも230mmなども好まれます。

実際使って味に差が出てくるので、よくお刺身を食べる方には1本あると大変便利な包丁です。

※脂の多い魚屋お肉などを切った時には軽く研いでいただけると切れがもどりますので、ぜひ脂の多い物の時にはその都度軽く研いで下さい。

参考にしてくださいね♪

鎌型 片刃 薄刃包丁【お客様の声】桂むきできるかな

本鍛造 鎌型片刃薄刃包丁

さとう様(60代・男性)5


本鍛造 鎌型片刃薄刃包丁
本鍛造 鎌型片刃薄刃包丁

最近、包丁・包丁研ぎにはまり、いずれは桂むきに挑戦したいと思います。

また、今回無理を言いまして他包丁の直しを出していましたが、骨付き鶏肉もバッサリと切れました

鍛冶工房いわい の 包丁 についてのこだわり

鍛冶工房いわい ( 岩井刃物 )が作り上げるこだわりの 包丁 について


鍛冶工房いわい(岩井刃物)の包丁・刃物についてのこだわりについて少しお話ししたいと思います。

鍛冶工房いわい(岩井刃物)の打刃物は
700年の歴史を誇る越前打刃物。
その匠の技を引き継ぐ「鍛冶工房いわい」が作りあげる当店の伝統工芸士が昔ながらの工法にて本鍛造・手打ちにて、職人が丹精込めて作り上げる、丈夫で使い勝手の良い包丁は、一般家庭からプロの料理人まで、本物を知る人々に愛用されているのです。

当社の鋼の包丁の特徴として、下記の写真の通り、一貫生産と違い、手元の厚みが先端より太くしてあり、包丁の重心が手元にあるので、とてもバランスがよく、使い易いように製作しています。

また【風紋】は 適度な温度で熱しながら、 鉄とハガネを幾重にも重ねて鍛造することにより、相 互作用により強度・耐靭性に優れ、長期に渡って使用しても刃部の歪み(ひずみ)がでにくく、刃こぼれもし難くなって、切れ味鋭く強靱な風紋包丁は作り出されますが、「風紋」もこの過程を通して作り出されます。「風紋」は、鉄と鋼が強力に重なり合った証であり、言いかえれば、長い年月を使用してもへこたれない「耐久力」の証でもあります。

「風紋」は、鍛冶職人が10枚以上の鋼材を、熟練の技術で重ねることで生まれます。そのため、ひとつとして同じ「風紋」はありません。

当社では1本づつ製作していますので、お客様のご用途やご希望のサイズ、鋼材に合わせて細かく製作しますので、

お客様にぴったりのこだわりの1本をお作り致します。

※但し、手打ちで作り上げますのでお時間は頂きますので、ご了承ください。
>>当店風紋包丁はこちらから

またご購入頂いたお客様が安心してお使いいただけるように、アフターサービスに期限を付けていません。

期限がないので、いつでも切れが悪くなったり、サビが入ってしまったら、放っておかずにお気軽に岩井の研ぎ直しサービスをご利用ください。

岩井刃物の両刃の手元
岩井刃物の特徴 両刃の手元画像

左利き用 の 包丁 ・ 刃物 について

左利き用 包丁の問い合わせが多いこともありますので、

【 左利き用 の 包丁 ・ 刃物 】について

ご案内させて頂きます。


当店では職人が1本1本手打ちにてお作りしておりますので、お客様のご要望に合せて、左利き用の包丁、お客様のご希望の形などお作りすることが可能となっております。

(ただし、鋼材などによりお作りできない場合があります。)

お届けは商品にもよりますが、通常左用は在庫としてはございませんので、すべてご注文をいただいてからの制作となりますので、詳しくはお問い合わせください。

また価格についてですが、よく左利き用の刃物はなぜ同じ材料を使うのに価格が高いのですか?

と聞かれることが多いですが、

職人に確認した所、やはり通常の右利き用に比べ、何本かまとめて作るということもできないので、オーダーを頂いてから1本1本製作するので大変手間がかかります。

しかも通常と逆になるため、大変神経を使います。

当社は手打ちで作るので、価格も他の工場生産などと比べると抑えられていますが、

通常の工場生産の場合は、型を作ってからとなりますので、その型代が大変高く、

あまり本数が出ない左利き用では価格の方も割高となっております。

ただ、両刃の刃物に関しましては、柄の部分を左用に付けるだけなので、

価格も同一とさせて頂いているので、よろしければ購入の際に左利き用とご記入頂ければ

そのようにお付けしますので、お気軽にご連絡下さい。

 

また魚用の出刃包丁などもご要望いただければ、両刃にて製作させていただきますので、

ご注文の際にご連絡を頂ければそのように対応致します。

(切れ味等は片刃に比べ劣りますが、家庭用でしたらそんなに遜色はないかと思います。)

※両刃の場合には価格はそのままでさせていただきますが、オーダーメイドですのでお時間は頂きます。ご了承くださいませ。

左利きの方は是非ご相談ください。

>>オーダーメイドはこちらから