牛刀 と 三徳包丁【使用目的】で包丁を選ぶ その弐

まずは

1本切れ味の本格的な包丁を!

という方に、

いろんな用途に使え、マルチに活躍する大変便利な牛刀と三徳包丁の違いについて今回はご紹介させて頂きます。


どちらの包丁も野菜にお肉に、魚を切ったり、多用途に使える大変優れた包丁です。

牛刀

よく、牛刀というと肉切り専用かと思われる方がいらっしゃいますが、

西洋から肉食文化と一緒に入ってきた為、牛刀という名前になったようなので、名前が牛刀となっていますが、肉切り専用ではありません。

三徳包丁に比べ刃渡りが長い為、お肉の塊など、大きな物を切るのに優れています。

牛刀はお肉の脂が強い為か、鋼の包丁よりステンレスの包丁を好まれる方も多く、洋食屋さんなどのプロの料理人の方でも、ステンレスの牛刀が人気です。

特に洋食屋さん人気の牛刀!ハイス鋼を使って作り上げた、ステンレス系なのに切れ味優れたスーパーゴールドシリーズ。
またステンレス系ではありませんが、牛刀ではあまりない、完全片刃で作り上げる切れ味抜群の鋼で作り上げる風紋シリーズが人気です。
(但し180mmまでは片刃仕立てとなっております。)

スーパーゴールド牛刀
スーパーゴールド牛刀
高級包丁 風紋牛刀
高級包丁 風紋牛刀

その他の牛刀>>

三徳包丁

野菜用の包丁 菜切包丁を改良して、食文化の変化に対応して野菜以外にもお肉なども切りやすくした、一般的に文化包丁や万能包丁といわれているご家庭で使用する和包丁です。

(和包丁は使う用途により使い分けているため、マルチに使えるよう、現代に合わせて作り上げられた包丁が三徳包丁です。)

特徴としては、野菜を刻んだり千切りなどは三徳包丁の方が、やりやすい方が多いようです。牛刀は三徳などに比べて刃の部分が沿っているため、野菜の刻みなどはなれないと、最後につながっているようなことになります。
もちろんなれてしまえば大丈夫だと思います。

只、刃渡りが三徳包丁より牛刀の方が刃渡りが長いので、大きなものを切る時や、刺身などを卸す時には三徳では短すぎるかもしれません。

(もちろん刺身は刺身包丁などの刃の厚みが薄いものを使われた方が、魚の繊維を傷めませんので、切り口が美しく切れますが、他もこなしながら1本で刺身も!という場合には刃渡りが長い方がキレイに切れます!)

また、牛刀は刃が長く三徳包丁より大きいので、それに合わせてまな板も大きくなるため、アパートなどのキッチンですと逆に使い勝手が悪いかもしれません。

(一人暮らしなどの方などは、意外と少し大きめのペティナイフ1本ですましている方もいらっしゃいます。)

三徳包丁か牛刀のどちらかとペティナイフの2本あれば、ご家庭でしたらたいてい間に合うかと思われますので、本格的な包丁入門という方には まずは三徳包丁か牛刀をおすすめしています。

牛刀は大きいので、もしもう1本というのであれば、やはりペティナイフをおすすめします。

また魚をよく捌かれるのであれば三徳包丁と舟行包丁という組み合わせもオススメです!

また購入される方の傾向としては、三徳包丁や牛刀を購入される方は、毎日お使いになる包丁として購入される方が多い為か、風紋シリーズや青紙スーパーシリーズなど、切れ味を重視してを購入される方が多いの為か、ちょっとお値段が高い包丁を選ばれる方が多いです。

当店一番人気商品

風紋三徳包丁
1番人気商品高級包丁 風紋三徳包丁
黒打三徳包丁(青紙スーパー鋼)
黒打三徳包丁(青紙スーパー鋼)

その他の三徳包丁>>

お得な包丁セットはこちらから>>

※舟行包丁につきましては次回ご案内させて頂きます!