越前打刃物独特の技

片刃包丁(平沸し)

平沸し(ひらわかし)

片刃刃物(出刃・刺身包丁など)

①約900℃位に熱した地鉄の上に鋼を乗せます。

地鉄の厚み13mm巾は、造る製品により21mmから通常43mm位のものを使用します。

巾の広い方に鋼を乗せることから“平沸かし”と呼ばれています。


平沸し(ひらわかし) 鍛接

鍛接

地鉄に鋼を乗せた状態で1000℃前後に熱して一気に叩いて、地鉄と鋼を接合させます。

これを鍛接と呼んでいます。


平沸し(ひらわかし) 鍛接

地鉄と鋼が接合された直後の写真この後、火造りにて伸ばし、刃物の形状にしていきます。


鎌・刈込鋏(廻し鋼着け)

廻し鋼着け(鎌、刈込み鋏)

地鉄を平たく置く平沸かしに対し、縦に置いて行う鍛造方法鍛接後に、ひし形に叩いて伸ばしていく事で、鋼を薄くする事が可能です。

越前打刃物独特な鍛造方法で鎌等を作る時に用いられます。


鎌・刈込鋏(廻し鋼着け)

鍛接 地鉄に鋼を乗せた状態で1000℃前後に熱して一気に叩いて、地鉄と鋼を接合させます。


割り込み両刃包丁

←割り込み(わりこみ)
両刃刃物(三徳包丁・菜切包丁など)

菜切包丁のような両刃刃物を造るときは、地鉄を縦に置き、真ん中を割り、鋼を差込みます。

割込み鍛造といわれています。


割り込み両刃包丁 鍛接

鍛接

地鉄に鋼を乗せた状態で1000℃前後に熱して一気に叩いて、地鉄と鋼を接合させます。


二枚広げ(両刃菜切包丁)

二枚広げ(両刃菜切包丁

2枚重ねたまま裏と表からベルトハンマー(昔は大づち2人、小づち1人で打っていました。)で打ち、2枚が同様に薄く延びるよう手早く作業する工程です。

これは2枚重ねることによって厚みが倍になる為、ベルトハンマーでの圧縮力が良く働き、さらに温度が下がりにくく、製品の板むらが少なくなります。

こちらは越前打刃物の特徴です。



ページの
先頭に
戻る
10000円以上送料無料 ezwebのご利用のお客様

商品カテゴリー

使用用途で選ぶ

包丁の種類で選ぶ

まな板・砥石

工芸用刃物

山林用刃物

鋏(はさみ)

ペーパーナイフ

お急ぎの方は

お問い合わせフォーム
又は
0776-63-6374まで

ご注文の受け付けは年中無休です。お問い合わせへのご返答は翌営業日とさせていただいております。
また電話でのお問い合わせ及びご注文は土・日・祝日を除く9:00~17:00までとなっております。 何卒ご了承くださいますようお願い致します。