料理包丁の工法について 料理包丁の種類と用途

菜切包丁

昔からある包丁で、刃が薄く幅広く、刃の先端が平らで四角形をしている、主に野菜を刻むのに用いる和包丁です。

特に野菜のブツ切り刻み物千切り等野菜を扱うのに最も適した包丁といえます。
また野菜を切るのに向いている反面、肉や魚を切るのには向いていません。

※昭和40年代頃迄は、東型という角のない菜切包丁が関東方面で使われていましたが、現在はあまり製作されていない様です。

菜切包丁を選ぶポイントとしては、持ち手の柄の付根の背峯部分が非常に厚く、全体が薄くできている物を選べば無難かと思われます。

菜切包丁は切り板(まな板)に刃をかなり当てる使い方をしますから、青紙鋼又は青紙スーパーなどのクローム入りの鋼を使った方が長く使用出来ます。

又、かぼちゃの様な固いものを切る時は、ヘタのかたい部分をさけて、包丁の背峯に布巾を置き、左手(左利きの方は右手)を乗せて押し切りすれば、包丁を傷める事なく楽に切ることが出来ます。
逆に無理に切ろうとすると、どんなに切れる包丁でも、刃が折れたり、刃こぼれの原因となりますので、無理にこじったりしないでください。

お正月のお餅を切る時は厚口菜切包丁を使われる事をお薦めします。

もちろん、通常の料理にも少し重く感じますが使用出来ます。

厚口菜切包丁は受注生産となりますので、納期までにお時間をいただきますがご了承下さいませ。

※お鏡餅を切る為の刃の両方に持ち手をつけた両手餅切り包丁も、製作いたしますのでお気軽にご相談下さい。

サイズは現在ご家庭用標準的サイズは刃の長さ165mmとさせていただいておりますが、お客様のご要望にあわせてお作りすることも可能ですので、お気軽にご相談下さい。


ページの
先頭に
戻る
10000円以上送料無料 ezwebのご利用のお客様

商品カテゴリー

使用用途で選ぶ

包丁の種類で選ぶ

まな板・砥石

工芸用刃物

山林用刃物

鋏(はさみ)

ペーパーナイフ

お急ぎの方は

お問い合わせフォーム
又は
0776-63-6374まで

ご注文の受け付けは年中無休です。お問い合わせへのご返答は翌営業日とさせていただいております。
また電話でのお問い合わせ及びご注文は土・日・祝日を除く9:00~17:00までとなっております。 何卒ご了承くださいますようお願い致します。