1. ホーム
  2. 魚用包丁
  3. 風紋包丁
  4. 身卸包丁
  5. 風紋 身卸包丁 刃渡り180mm

風紋は強度、耐靭性に優れた高級和包丁です。

一本で出刃と刺身の両方兼ねることが出来る人気の高級身卸包丁

切れ味や耐久性に優れ、美しい刃紋を持ち、出刃より刃の厚みが薄いため、一本で出刃と刺身の両方の役割を兼ねることができることから、大変人気のある高級身卸包丁

A2009

越前打刃物
風紋 身卸包丁
刃渡り180mm

22,680

21,000

数量:
風紋身卸包丁のレビューを書く

風紋身卸包丁を購入された方のレビュー

料理が楽しくなります。

Qちゃん様(30代・女性)
お手入れが大変そうと思いましたが、思い切って使ってみました。
切れ味がとてもよく、それにとっても刃の模様が高級感があってよかったです。
使ったら直ぐに水気を取らないとうっすら錆びてきてるのが玉にきずですが、慣れれば大丈夫かな!
がんばってお手入れします。

商品レビューを見る>>
ショップレビューを見る>>

高級身卸包丁(風紋)

美しい刃紋
切れ味抜群身卸包丁
美しい刃紋
丈夫な紫檀柄

写真をクリックすると拡大します。

信頼の日本製(made in japan)

商品詳細

全長 約325mm 刃渡り 約180mm

220g

白紙一号鋼

シノギ付き紫檀柄

片刃

※サイズや重量など手作りのため、多少の誤差がございます。

商品説明

高級包丁風紋
高級包丁風紋

身卸包丁は一般に刺身出刃包丁と呼ばれており、出刃包丁に比べ刃をやや細くし、厚みを薄くし、捌きから刺身を引くまで出来るように作られた魚用和包丁です。

魚をさばく時に出刃包丁に比べ軽いので、魚が捌きやすいといわれる方が多いのが身卸包丁です。

また、身卸包丁は一本で出刃と刺身の両方を兼ねることができるので、家庭用としては魚料理を1本で済ませたい!という方に人気の包丁です。

こちらの包丁は越前打刃物の特色を生かし、本鍛造・手打にて伝統工芸士が1丁1丁丹念に製作した包丁です。

ハガネ材には15層鋼と白一号鋼を使用し、切れ味・切り込みに優れた刃付けがしてあります。

こちらの包丁【風紋】は鉄とハガネを幾重にも重ねて鍛造することにより相互作用により強度・耐靱性に優れ、長期に渡って使用しても刃部の歪み(ひずみ)がでにくく、刃こぼれもし難くなっています。
又、耐久力だけでなく見た目にも美しく、一本一本の違う紋様、同じ物は二点と出来ない面も特徴です。

柄部には 丈夫で水に強く耐久性にも優れた紫檀材を使用。

☆身卸包丁(出刃包丁)はこちらのサイズの他に、刃渡り90mmより15mm単位(210mm以上は30mm単位)で300mmまで製作していますので、お気軽にご連絡下さい。

▼包丁について詳しくは下記をクリックしてください。

包丁の種類と工法 包丁の種類と用途

※身卸包丁について詳しくは【身卸包丁の使用用途について】をご覧下さい。

使用始めに

風紋身卸包丁は防錆加工が施されております。
ご使用前に砥石等で刃先を軽く研ぎだしてからご使用下さい。
又、全ての包丁を対象に御注文の際、研ぎ出しをご要望の場合お申し付け下さい。
※研ぎ出しの料金は無料でお受けします。

(届いてすぐにご使用される方は、研ぎ出しをされると便利です。)

使用中の注意

鋭い刃がついています。

冷凍食品や魚の太い骨などの硬い食材は絶対に切らないで下さい。刃欠け等の原因になります。

柄の部分の紫檀はエタノール等で消毒すると色が落ちる場合があります。

使用後の注意

錆びが生じる素材を使用しています。

使用後は中性洗剤にてよく洗い、お湯で流して下さい。

洗った後は乾いた布巾等で水分が残らないようによく拭きとって、乾いた状態で収納してください。

また食器洗い洗浄機や食器乾燥機などは絶対使用しないで下さい。柄割れの原因になります。

切れが悪くなったり、切れが鈍くなりましたら、砥石で包丁を研いでいただけると切れ味がもどります。

※刃こぼれの原因となりますので、シャープナーやスチール棒等を使って研ぐことはおさけください。

鍛冶工房いわい(岩井刃物)の包丁の研ぎ方、又は研ぎ直しサービスをご利用下さい。


ページの
先頭に
戻る
10000円以上送料無料 ezwebのご利用のお客様

商品カテゴリー

使用用途で選ぶ

包丁の種類で選ぶ

まな板・砥石

工芸用刃物

山林用刃物

鋏(はさみ)

ペーパーナイフ

お急ぎの方は

お問い合わせフォーム
又は
0776-63-6374まで

ご注文の受け付けは年中無休です。お問い合わせへのご返答は翌営業日とさせていただいております。
また電話でのお問い合わせ及びご注文は土・日・祝日を除く9:00~17:00までとなっております。 何卒ご了承くださいますようお願い致します。